近畿一円で別荘や古民家の売却・管理をお考えの方は、不動産売却専門の「オールトレード」にご相談ください。

TEL: 0667959526

別荘・古民家の売却

別荘や古民家の売却で注意すべき点
  • 購入時の価格等が参考にならないため現状把握が重要
  • 使用頻度による意外な傷みや修繕の必要性
  • インフラ関係(電気・ガス・水道など)の現地調査

別荘や古民家の売却は必ず現地立ち会いの査定となります

別荘・古民家の売却
現状把握から査定額を算出する
補修が必要な場合、査定価格にも影響してきますが、まずは現状を把握することが必要です。 別荘・古民家の売買の場合、近隣の取引事例もほとんどないことも多く、また購入時の価格等もまったくあてにならないことも多いのですが、一般の不動産と違い、通常ではマイナスに評価されることが逆にプラス査定になったりする事がありますので現地での調査が不可欠です。
インフラ関係に気を付ける重要性
別荘の売却で特に私たちが気を付けているのが「インフラ関係」です。 電気はほぼ問題ないのですが、水や道路・管理についてきちんと調査を行い、事前に確認しておかないと後々トラブルになる事例もあります。
また、オールトレードでは、別荘の管理業務も行っておりますので、売却に際しての美装以外にも売却までの期間、常にキレイな状態を維持できるように管理することも可能です。
  • 放置不動産・空き家の売却
  • 土地・遠方物件の売却
  • 戸建・マンションの売却
  • 別荘・古民家の売却
ページトップへ戻る